技術的特異点は避けられない!?2045年問題は本当に起こるのか

 

どうも、JUNです。皆さん、技術的特異点(シンギュラリティ)って知ってますか? 

 

やりすぎコージの都市伝説でもピックアップされた話題で

 

最近僕がかなり気になっている話題です。

 

技術特異点は2045年問題とも言われ、将来的に人類の生活に

 

多大なる影響を与えると予測されているんです。

 
そんな今僕が気になってしょうがない技術特異点とは一体なんなのか、

 

2045年問題は本当に起きるのかどうかなどを書いていこうと思います。

 

技術的特異点(シンギュラリティ)とは

 

技術的特異点(シンギュラリティ)とは人工知能が人類の能力を超えて、

 

テクノロジーが物凄いスピードで発達をしていき、

 

人類に多大なる影響を与える出来事のことを指します。
この概念は未来学者であり、天才的な発明家でもある

 

レイ・カーツワイル氏によって提言されました。

 

レイ・カーツワイル氏はAI研究の第一人者で、

 

あのビル・ゲイツもAI研究において最高の人物であると称賛しているほどの方なんです。

 

レイ・カーツワイル氏が予測するには技術的特異点は

 

2045年頃に起こるということで、2045年問題とも言われるようになりました。

 

2045年ってあと30年もしないうちに訪れるじゃん・・・

 

と最初聞いた時は信じられない気持ちになりました。

 

というか、シンギュラリティに到達したら一体どうなっちゃうの!?

 

って思って色々調べてみたらとんでもないことが起こるようなんです、、、

 

技術的特異点(シンギュラリティ)に到達するとどうなる?

 

2045年に起こると言われているシンギュラリティに到達すると、

 

SF映画に出てくるような世界となることは間違いないようです。

 

AIが人類を超越し、テクノロジーを今の何百倍という速さで発展させ

 

想像もつかないようなテクノロジーを我々人類は得るそうです。
AIがより優れたAIを作り、どんどんそれが繰り返されてどこまでも

 

AIは進化していき人間は置いてけぼりになるとされています。

 

シンギュラリティに到達すれば、人間では導き出せなかった答えや

 

解決できない問題もAIが解決してくれることになります。

 

もしかしたら、ワープホールを発明し、何光年先の星まで行けるよう

 

になることも可能になるかもしれませんね。

 

そんな昔から映画で描かれているような、

 

カッコイイ未来がくると考えたらなんかワクワクしますよね。

 

ですが、様々な科学者が言っているように、

 

シンギュラリティに到達するとその先は人類が予測できない

 

未来となり楽観視できることばかりではないんです。

 

ターミネーターって映画ありますよね。

 

ターミネーターは発達しすぎたAIが暴走をして、

 

核戦争を勃発させロボットによって人類を滅ぼそうとし、

 

人類がそれに立ち向かうといった内容の映画です。

 

もしシンギュラリティが起きれば、ターミネーターのような

 

世界になるかもしれないということが懸念されているんです。

 

AIには弱いAIと強いAIがあります

弱いAI:特定の問題を解決するための能力しか持たず、独立した自意識はない

強いAI:人間と同様以上の思考をもち、独立した自意識がある

 

現代のAIは自我がなく、人間が制御して利用することが可能ですが、

 

強いAIは自我があるため自らの意志で物事を選択することが

 

可能であり人間の制御から外れる危険性を孕んでいます。

 

人間と同様以上の自意識を持つAIがシンギュラリティの時点

 

で生まれるということなので、人類を害とみなしターミネーター

 

のように排除することは可能性として高いです。

 

SF映画の見すぎだからというわけではなく、結構現実的な話なんです(笑)

世界の著名人達もAIの脅威を危惧している

 

イギリスの天才理論物理学者のスティーブン・ホーキング博士はAI

 

が人類を滅ぼす可能性があると言っていますし、ビル・ゲイツ、イーロン・マスク

 

などの世界を動かしているトップもAIの脅威を危惧しているようです。
スティーブ・ジョブズを超える、21世紀最高の経営者とも呼ばれる

 

イーロン・マスクもAIが世界を滅ぼすのではないかと夜も眠れないと明言しています。
素人の我々ではSF映画のような世界が起こることは想像もしづらいですが、

 

世界のトップレベルの科学者や経営者が危惧するということは

 

かなり起こりうる未来であるということですね。

技術的特異点は避けられないの?2045年に本当に到達するのか

 

どうせ、ノストラダムスの大予言とか、よくある誰かの予言のように

 

起こらない未来なんでしょと思うかもしれませんが、

 

そう悠長なことは言ってられなかったりします。

 

テクノロジーというのは指数関数的に発達していくと言われていて、

 

約2~3年で技術力が倍となるそうです。

 

これは戦争が起きようが、世界的大恐慌が起きようがテクノロジーは

 

発展していくそうです。

 

何十年ものデータを基にしても常に指数関数的に技術力は

 

伸びていることが証明されています。

 

科学的データから判断するに、技術的特異点は必ず到達すると断言されています。

 

これは決して避けられないようです。

 

といっても、2045年にAIが人類を超えるかといったらそうとも限りません。

 

遅くとも21世紀中にはシンギュラリティとなると思いますが、

 

2045年には実現できないという意見も多くあります。

 

僕も2045年よりも後になるんじゃないかなとは思っていますが、

 

それまでには明らかにテクノロジーはとんでもないことになっているとは思っています。

 

2045年でシンギュラリティと言われているので、今から10年、20年後には

 

僕らが想像もつかないようなテクノロジーが

 

わんさか世に出ていることが予想されますよね。

 

実際に、様々なテクノロジーが研究されていてこの先10~20年で

 

実現するかもしれないことも示唆されています。

10年、20年後の未来はどうなっている?

 

最近のテクノロジーの発達具合を見る限り、10年後、20年後には僕たちの

 

生活は一変しているのではないかと思ってます。

 

レイ・カーツワイル氏が著書の中で10年、20年後のテクノロジーに

 

ついていくつか予言しているので、ご紹介しますね。

 

完全没入型のVR

 

2016年はPS VRなど様々なVRが発売されて、VR元年とも呼ばれる年でしたね。

 

没入感はあるものの、やはり現実と同じ感覚を味わうのにはまだまだ遠いものではあります。

 

しかし、レイ・カーツワイル氏は2020年代の終わりには、

 

5感全てを組み込んだ完全没入型のVRとなると予測しています。

 

これにより、オフィスにいく必要もなく自宅が職場になることも増えてくると言っています。

 

もしこれが実現すれば、誰もが憧れる完全な仮想現実を体験することができるということです。

 

本当、夢のようです・・・早く実現しないかな!

 

寿命が大幅に伸びる

 

ナノ医療が発達することにより、体内のナノマシンが寿命を永遠にするだけでなく

 

、年齢さえも思いのままに変えることができ常に若い状態にすることが

 

何十年後かには当たり前になるということだそうです

 

。まるで映画のTIMEのようですね・・・

 

人は老いには逆らえないというのが絶対的な真理でしたが、

 

とうとう人間は神に抗う手段を見つけてしまったのでしょうか。

 

不老とはいわずとも、少なくとも10倍の寿命を持つようになるだろう

 

ということなので、それでも驚きではあります。

 

2016年の時点でマウス実験による寿命の大幅アップが成功されているので、

 

人間の寿命が科学的に伸びるのも時間の問題といえますね。

 

このように今の世の中では考えられない、夢のような世界が

 

現実になりつつあるということで、ワクワクする反面、少し怖くも思います。

 

特に、テクノロジーが発達し過ぎることは人々の働き方にも大きく影響

 

を与えることにもなるので、他人事とは考えてはいけないんです。

 

10~20年で働き方も大きく変わってくる

 

どんどん成長していくテクノロジーは決して良い面ばかりではなく、

 

自分の人生を変えてしまう可能性があることは知っておく必要があります。

 

人工知能、ロボット化による作業効率のアップで10~20年後には

 

人間の仕事の47%が失われるという予測が立てられています。

 

単純な労働作業はほとんどロボットに取って代わるだろうし、

 

人間でしかできない仕事しか残らないと僕も考えています。

 

ですから、今何も考えずに一生安泰が続くという会社員の方も

 

急に解雇されるかもしれないということです

 

いくら有能だからといって、経営側としては人工知能やロボットで

 

人件費が削減できるならどんどんしていくのが当たり前です。

 

Amazonなんかもロボットを導入して何十億と経費を削減できているので、

 

これからもっと活用していくでしょう。

 

だからといって、悲観することはなく今からできることは沢山あります。

 

将来的に仕事がなくなりそうだといっても、その分雇用は生まれますし、

 

あらかじめ備えておくこともできます。

 

僕がやっているネットビジネスはまさにどんどん伸びていくITの分野なので、

 

さらに稼ぐことができるであろうし、なくならないと考えられています。

 

この先安定の時代なんてものはないといことを自覚して、

 

ネットビジネスを始めて来るべき時代に備えておくのがいいかもしれません。

 

 

ネットビジネスはほとんど初期費用もないですし、簡単に始めることが

 

できるのでやるなら今がチャンスかと思います。

 

僕のブログでもネットビジネスのことがわかるように解説している

 

記事がありますので、よかったら参考にしてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です