ルレアのショートレンジの欠点とは?稼げないって本当?

サイトアフィリエイトの教材の決定版ともいえるLUREA(ルレア)

 

のショートレンジ戦略の欠点について解説しています。

ルレアのショートレンジ戦略とは

 

ルレアのショートレンジ戦略とは、ブログやHTMLサイトで購買意欲の高い客層に、

 

アフィリエイトリンクから商品を購入してもらうという手法です。

 

購買意欲が高いというのは、欲しい商品は決まっていて、

 

後は「どこで購入できるのか」「どこが最安値なのか」「予約はいつからなのか」など、

 

今すぐにでも欲しいという状態のことです。

 

こういった、購買意欲が高い層に向けて、〇〇〇+「最安値」「予約」「激安」「店頭」

 

などのキーワードで記事をひたすら書いていく手法です。

 

いわゆる、今すぐ客をターゲットにしている手法なので

 

、少ない訪問者数や多少雑な文章でも成約率が高いのがショートレンジの特徴です。

 

ショートレンジの欠点とは

 

ショートレンジは極端な話、記事さえ大量に書くことができれば、

 

成約を取れる確率は非常に高いです。

 

そのため、アフィリエイトを始めたばかりの方にとっては稼ぎやすく、

 

早くに収益を得る実感が湧くという点は、初心者には良いかもしれません。

 

しかし、ショートレンジでは大きく稼ぐことは難しく、

 

ショートレンジをずっとやっていくと挫折をしやすいです。

 

というのも、ショートレンジでは楽天アフィリエイトや

 

Amazonアソシエイトを利用していくのですが、報酬率が1%~とかなので、非常にドバっと稼ぐことは難しいです。

 

HTMLサイトでショートレンジスナイパー戦略をして、狙っていけばある程度は稼ぐことができますが、

 

それでも月10万円が限界かなと思います。

 

また、ショートレンジをやっていく上ではよほどセンスがない限り、

 

大量にブログやサイトを作っていかないと収益は出せません。

 

マインドの高い方なら挫折はせずに、黙々と作り続けることができるかもしれませんが、

 

1ヶ月でブログ50個作ろうと言われても中々達成できるのは難しいです。

 

ショートレンジはある程度やればOK

 

ショートレンジは欠点はありますが、だからといって初心者がショートレンジを

 

経験しなくても良いということは個人的には思いません。

 

ある程度、ショートレンジのブログやHTMLサイトを作ってみて、報酬が発生したなら、

 

そこでキリをつけてミドルレンジに移った方がいいかなと思います。

 

ショートレンジが自分に合っているなという方は、まとめブログなどを作ってロングレンジ

 

でどんどんやっていくのも良いかもしれません。

 

ショートレンジが向かないなら、とっとと先に進んでしまうのがベターです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です